スピード撤退からみる大原孝治の経営戦略

ドンキホーテ神保町靖国通り店は、開店から8ヶ月という異例のスピードで閉店をすることになってしまいましたが、これは社長である大原孝治からしてみれば失敗ではありません。閉店をすることになってしまった事自体は失敗ではありますが、店を出してみなければ成功するかどうかわからないだけに、閉店を持ってして失敗ということにはなりません。普通の人であれば、1年にも満たない期間で撤退をしたことが大きな失敗と取られるところですが、むしろこの判断力の速さこそが大原孝治の経営戦略の真髄であると言えるのです。
元々ドンキホーテというのは、自社物件や居抜き物件を活用して出店をしているため、コストがかかっていません。そのため、売上が見込めそうな場所があればひとまず出店をして様子見をするということができるのです。思うように売上が伸びなければすぐに撤退をして、事業転換をしていくというのが大原孝治の経営方針である以上、失敗だと思ったときの撤退は早ければ早いほど良いということになります。並の経営者であれば、そのことを頭では理解していたとしても、あまりに早く撤退をするのは出店の段階で問題があったのではと責任を問われるのを嫌ったり、ミスを認められずに決断を先延ばしにしてしまいがちです。

しかし、大原孝治は臨機応変に立ち回ることこそがドンキホーテの最大の武器だと理解をしているからこそ、躊躇なくスピード撤退をすることができるわけです。

カテゴリ一覧